14 March 2018

[GBA ボクらの太陽] エミュレータ上で太陽センサーを使う

  No comments

 ゲームボーイアドバンス用ソフト ボクらの太陽 は実際の太陽光をゲームのカートリッジのセンサー部分に当てて遊ぶという斬新なゲームでした。

 このゲームを今遊ぼうと思っても、初代GBAはディスプレイが暗かったり、GBAspやDSではカートリッジの場所的に太陽光を当てにくかったり、内臓の電池が切れてしまっていたり...と、かなり辛いものがありますが、エミュレータを使えばとても快適に楽しむことができます。

 太陽ゲージを出すために、CheatCodeを使うという手もあるのでしょうが、私は挑戦したことがなく、よく分からないので、この記事では、それ以外の方法を2つ紹介します。

必要なもの

・GBAボクらの太陽シリーズのゲームデータ (ROM) をバックアップしたファイル (一例としては、.gbaという拡張子のもの) や、セーブデータをバックアップしたファイル (一例としては、.savという拡張子のもの) 

ROMのバックアップ方法については、こちらのサイト

や、このブログの過去記事

等を参照ください。

・GBA用のエミュレータ
多くの種類があるので、お好みで。一部のエミュレータでは、太陽センサーの項目が標準で搭載されていたとしても、上手く動作しない場合があります。

この記事では、mGBA というエミュレータのWindows版を使っていきたいと思います。


方法1 : 太陽センサーに対応したエミュレータを使用する

 ここでは、mGBAのWindows版を使っていきます。(7zファイルを解凍し、中の"mGBA.exe"を実行)

 mGBAの設定ファイルは、Windows版だと、ユーザーフォルダの「Roaming」の中に保存されるようなので、嫌な場合は、File>Make Portable を選択して、Yes。

 mGBAのウィンドウの中に、ボクタイのROM (Wiiから吸い出した場合は、BOKUTAI [U3IJGB].gba ZOKTAI [U32JGB].gba BOKTAI3 [U33JA4].gba という名前のファイル) をドラッグ&ドロップ (同名のセーブデータが .gba ファイルと同じディレクトリにある場合は、そのセーブデータが自動で読み込まれます)。

 セーブデータがない場合は、以下のような画面になると思いますが、ここでは太陽センサーの設定をいじらずにそのままAボタン。

 ちなみに、キーボードのボタン割設定ですが、試した時点だとデフォルトでは、XキーがAボタン、ZキーがBボタン、Enterキーがスタートボタン、Back Spaceキーがセレクトボタン、SキーがRボタン、AキーがLボタンとなっていました。

 ゲーム中で、太陽センサーを使いたい場合は、Emulation>Solar sensor からお好みの太陽レベルを選択。

 ボタン一発で太陽光のレベルを変えたい場合は、Tools>Settingsを選択し、

Shortcuts>Solar sensor と進んでいき、キーを割り振りたい項目をクリックした後 、図の緑枠の部分の中に割り振りたいキーを入力します。あくまで、お好みですが、図では、Increase s… にキーボードの「+キー」を、Decrease… にキーボードの「-キー」を割り振ってみました。

設定が終わったら、下のApplyボタンを押して、OK。

 先ほど設定したキーを押して、太陽ゲージが変化すれば成功です (キーによっては上手く作動しないことがあるかもしれません)。


方法2 :  ROMにパッチを当てて十字ボタンで太陽レベルを調節する

こちらならば、太陽センサーに対応していないエミュレータでも、太陽レベルを調節できるようになるはずです。

 この方法には、Windowsで動作する以下のツールとパッチファイルが必要になります。
下記のリンクからダウンロードください。

・Boktai Solar Sensor Patch Kit 2.2.0
https://web.archive.org/web/20180302060057/https://s2.filetrip.net/p/778/261836-BoktaiSolarSensorPatchKit220.zip

 

 "261836-BoktaiSolarSensorPatchKit220.zip"を解凍して、中のLunar IPS v1.02.exeを実行し、Apply IPS Patch を選択。

 "Patch"フォルダの中に入っているパッチファイルを選択します (パッチをあてる前に、念のため、オリジナルのROMファイルを違うところにコピーしてバックアップしておくことをおすすめします)。日本版の「ボクらの太陽」ならば、"Patch Boktai 1 (J)(R+A).ips"を、「新・ボクらの太陽」ならば "Patch Boktai 3 (J)(Select).ips"を選択。その後、そのゲームのROMファイル (.gbaファイル) を指定します。「続・ボクらの太陽」はどうやら、前期ROMと後期ROMの二種類があるようです。後期ROMは未所持のため確認できていませんが、mGBAで起動すると、以下のように (Rev 1)などと表示されるのではないかと推測されます。

 表示されない場合は、"Patch Boktai 2 (J)(Select).ips"を、表示される場合は、"Patch Boktai 2 (J)(Rev1)(Select).ips"を選択すればOKだと思います。

 パッチが上手く当たっていれば、ボクタイの場合は Rボタン+Aボタン+十字キーの左右 で、ゾクタイとシンボクの場合は、Selectボタン+十字キーの左右 で太陽ゲージを調節できます。

なお、パッチを当てると、mGBAのメニューにある太陽ゲージの調節機能は使えなくなってしまいました。

No comments :

Post a Comment